コンテントヘッダー

初音ミク ハロウィンVer.

141030halloween-miku-001.jpg

ユルコレ初登場!の初音ミクであります。

このねんどろいどミクさん、GSさんと2人でぞっこん!!!
大慌てで緊急確保となりましたー
ハロウィンに間に合ってよかったー(^^)


141030halloween-miku-002.jpg

顔の表情がすごく可愛いし、衣装も凝っていてステキですー
ハロウィンが終わってもしばらく飾っておきたいなあ(^^)

ただいま、ワタクシ的に「初音ミク」が盛り上がっておりまして(^^)
まったくなんで今頃なの、って感じですが、ねんどろいども着々と増えていますです。

ラジオ会館のとあるショップで流れていたBGMが、初音ミクだとわかった時の嬉しさったら(^^)
その次の曲がな、なんと水樹奈々ちゃんで、しばらくそのお店から出られませんでしたー(*^^*)







このページのトップへ
コンテントヘッダー

ダイキャスト製 太陽の塔のロボミニフィギュア

141026taiyou-mini001.jpg

先日の「超合金太陽の塔のロボ」の発売とともに、関連書籍が発売になりまして(^^)
いそいそと購入しましたー!

なかでもフィギュア王さんには特別付録が!!!
太陽の塔のロボのミニフィギュアなのですが、これがすっごくかっこいいのです!!!


141026taiyou-mini002.jpg


141026taiyou-mini003.jpg


141026taiyou-mini004.jpg

小さいながらもずっしりとした重さがあり、金属の冷たさが気持ちいい!
かなりかっこいいミニチュアです

それにしてもフィギュア王もこの号で記念すべき200号とは!!
以前は予約して愛読していましたが今回久々の購入でした。
なにしろ見ていると欲しいモノばかりになってしまって(^^)タイヘンタイヘン

宮脇センムと平野岡本太郎記念館館長との対談とか、エキスポ特集とか面白かったので、この号は要保存版であります(^^)







このページのトップへ
コンテントヘッダー

太陽の塔のロボ

141019taiyounotou-robo001.jpg

岡本太郎さんが生きていらしたら「なんだこれは!!」って叫んだでしょうか(^^)

バンダイから「超合金太陽の塔のロボ」がやってきました。


141019taiyounotou-robo003.jpg

こちらは通常形態、太陽の塔


141019taiyounotou-robo002.jpg

太陽の塔が、ロボット形態になり、さらに武装展開して超兵器発動形態に変形していきます。

土台部分がみしみしと割れて、ンゴゴゴゴー!っと立ち上がる姿が見えるようではありませんか!!!
とにもかくにも、すっげー!!!であります!

太陽の塔を歩かせようって考えただけでもスゴイ!と思うのに、
そこから腕が伸びて顔が開いて首が可動するってどうなの!!!


なにしろ、手足は美しく畳まれて胴内部に入っているので、ひとつひとつハッチを開けて引き出したり起こしたりする必要があります。
写真付きの詳しい取扱説明書も付属していますが、こわしちゃタイヘンだから恐る恐る(^^)

腕を伸ばしては「おーーー!」
足を引き出しては「おーーーっ!」と感動しっぱなしでありました。

最終形態まで出来上がったのはいいものの、今度は戻すのがオソロシイ・・・
しばらくそのままで飾っていましたが撮影のためには太陽の塔に戻さなくては・・・
と、またまた説明書と首っ引きでもとに戻しました。

141019taiyounotou-robo004.jpg

背面は過去をあらわす黒い太陽
黄金の顔を支える首部分の展開が鳥のようでかっこいい!

ハッチ部分のギザギザ感も、本当にそこから塔本人(!?)がバリバリと動いて出来た感じが現れてますねー!!


141019taiyounotou-robo005.jpg

塔の内部の「生命の樹」もシールではありますが再現されています。


141019taiyounotou-robo006.jpg

首が動くっていうだけで、表情が出る。
太陽の塔の「表情」を見られる、ってスゴイことです。

太陽の塔は大好きで今までもいろんなフィギュアや絵はがきを集めてきました。
見ていると元気になれる、なにか、こう、気持ちが高揚するところがあります。

この超合金太陽の塔は、こちらが見るだけではなくて、塔本人が何か考えているような、塔の意思みたいなものを感じさせてくれます。

まだまだ進化していくのだなあ、
太陽の塔とともに前に進むぞー!おー!









このページのトップへ
コンテントヘッダー

ドールカルチャー展

140927doll-culture001.jpg

先月になりますが、「ドール・カルチャー展」にTさんと一緒に行ってきました!
会場は六本木ヒルズ展望台東京シティービュー。
展示会場に入るとこの眺望!!!
幸いお天気の日だったので気持ちよーく海まで見えました


140927doll-culture002.jpg

今回の展示コンセプトは
「リカちゃん、ジェニー、バービー、ブライス、そしてスーパードルフィー
”Kawaii”の源流から未来へ」
ということで
いままであまり一緒に展示されることのなかったSDが展示されるので
ちょっと気になっていました。

140927doll-culture003.jpg

展示はドールたち盛りだくさんで楽しかったです!
こちら、ジェニーフレンド53体の集合!!!
我が家にいるあのコやこのコが!!!(^^)


140927doll-culture004.jpg

こちらリカちゃん。
リカちゃんも年代を重ね、顔も変遷、製造も中国製になったりまた日本製にもどったりいろいろと変化しています。
今回の展示で改めてリカちゃんってカワイイなあ、とその魅力を再認識しました。

会場にはリカちゃんキャッスルが出店していて、
「私だけのオリジナルリカちゃん」を作ることが出来ます。
「六本木コレクション」というネーミングにちょっと期待して、どんな衣装があるのかな、と思っていたのですが人気ありそうなものはもう在庫なしだったようで・・・

Tさんにも参加してもらって(^^)なんとか出来上がった私の六本木コレクションがこちらでーす


140927doll-culture005.jpg

個人的に流行っているブルーヘアーはすぐに決まったものの衣装と小物で苦戦(^^;)
なんとか統一感のある仕上がりになったかな
昔の日本製よりはメイクが濃い目ですが、やっぱりJAPANクオリティーは美しいです。


140927doll-culture006.jpg

ちゃんと証明書も入っていました。
家ではロッポンギちゃんと呼ばれています(^^)

会場はたくさんのお客さんで賑わっていました。
みなそれぞれの年代に遊んだドールに出会うと「あったよねー!!」と大騒ぎ(^^)
特にSDの人気はやっぱりすごいなあと感じました。
ドールとはいえ、50センチ級の大きさは、SDを初めて見る方たちにはかなりのインパクトですよね。
その存在感に吸い寄せられるようにみなさん見入っていました。

個人的にはリカちゃんはやっぱりカワイイという結論(^^)v
そして仕舞いこんでいるジェニーフレンドたちの顔が見たくなりました(^^)
展示は明日19日まで行われています。











このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

yurukore

Author:yurukore
オモチャ、人形、フィギュアなどのユルいコレクション話&散歩日記など

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR